過去分詞

過去分詞は、複合形を作ったり、受身形を作るときに用いられます。用法の説明はそれぞれの項目で行い、ここでは活用のみ紹介します。とはいうものの、過去分詞は他の活用形から自動的に作ることはできず、それぞれ覚えなければなりません。

語形

これまでに活用を紹介した動詞全てについて過去分詞を示します。

原形 過去分詞
avoir eu
être été
aimer(第1群規則動詞) aimé
finir(第2群動詞) fini
valoir valu
vouloir voulu
ouvrir ouvert
venir venu
courir couru
lire lu
voir vu
acheter acheté
prendre pris
mettre mis
aller allé
dire dit
faire fait
connaître connu

“é“でおわるもの、”i”でおわるもの、”u”でおわるものなど様々です。