単純未来

過去の次は未来です。複合過去のような助動詞をとらず動詞単独で活用するので「単純未来」と呼ばれます。

語形

まずは語尾から覚えましょう。

一人称単数 -rai
二人称単数 -ras
三人称単数 -ra
一人称複数 -rons
二人称複数 -rez
三人称複数 -ront

覚え方は簡単で、「最初は”r”、続いてはavoirの直説法現在の活用の語尾」です。

語幹は一種類ですが、動詞のほかの活用形と全く独立なので、各動詞ごとに覚える必要があります。

不定形 avoir être aimer
(第1群規則動詞)
finir
(第2群動詞)
valoir voloir ouvrir venir courir
単純未来の語幹 au- se- aime- fini- vaud- voud- ouvri- tiend- cour-
不定形 lire voir acheter prendre mettre aller dire faire connaître
単純未来の語幹 li- ver- achète- prend- mett- i- di- fe- connaît-

以上紹介したようにバラバラです。

意味

単純未来という名のとおり未来のことを述べる場合に使いますが、定まった予定について述べる場合には使えません。この場合は現在形を使うので注意してください。

意志
Je me lèverai tôt demain.(明日は早起きするつもりだ)
推量
Il fera beau cet après-midi.(今日の午後は晴れるでしょう)
命令
Nous irons en France la semaine prochaine.(来週フランスにいきましょう)
予定は現在形
La réunion commence à trois heures.(会議は三時からはじまります)