ペペロンチーノとペペロンチーニ

Q

にんにくと唐辛子をオリーブオイルでまぶしたシンプルなパスタのことを、店によってぺペロンチーノと呼んでいるところとペペロンチーニと呼んでいるところ両方あります。どちらかが正しくてどちらかが間違っているのか、それとも何か材料・味に違いがあるのでしょうか。

A

“aglio, olio e peperoncino”というのがイタリア語におけるこの料理の正式な名前のようです。aglioはにんにく、olioは油、peperoncinoは唐辛子なので「にんにく、油そして唐辛子」という意味です。ちなみにpeperoncinoの複数形がpeperonciniです。

結論をいうと、ぺペロンチーノよりペペロンチーニの方が唐辛子の量が多くてなんとなくからそうだということでしょうか(としゃれで書きましたが、実際は唐辛子ひとつひとつを数えられるものとみなす場合は複数形(可算名詞)で、集合的に扱って数えられないものとみなす場合は単数形(非可算名詞)になるということだと思います。水などの液体はたいてい非可算、コップでも何でもひとつひとつのものがはっきり分離しているものは可算になりますが、唐辛子などどっちつかずのものは両方の形が使われます)。でも、ペペロンチーノまたはペペロンチーニとだけいうといずれにせよ唐辛子を山盛りで出されても文句はいえませんね。